12のコアバリュー

優しさと謙虚さを大事にしよう

仲間同士がお互い気持ちよく過ごす為には、相手の様子を見て、相手を気遣い、相手の立場にたって考える、相手に配慮した「優しさ」と一人一人が思いやりもって相手の気持ちを尊重する「謙虚さ」が大事です。

在り方を深くして軸を強くしていこう

「私は何の為に生まれてきたのか?」「生きる目的は何か?」と自分に問い続け自分と向き合うことで、自分自身の在り方が見えてきます。 この先様々な困難がありますが、自分の在り方を軸として歩む事が出来れば必ず乗り越えることができ、その経験が自分の軸をまた強くします。

自分の頭で考え判断し行動していこう

在り方を大事にしてビジョンへ向かう為には、自分の頭で徹底的に考え、相談する事はあっても最後は自分で判断し決めて行動する事が大事です。 もし仮に上手く行かなかったとしてもそれは伸びしろでありまた考え決めて行動する。この循環を繰り返せば必ず良い方向にいきます。

ワクワクするビジョンを描こう

周りが笑顔のなり自分も笑顔になっている。 そんなワクワクした妄想写真または妄想映像をイメージする事がビジョンです。 明日でも1週間後でも1年後でも10年後でも良い。 常に未来のワクワクをイメージし今日と未来を繋げていこう。

新しい挑戦をしていこう

準備に時間をかけて行なう大きな挑戦から今すぐ出来る小さな挑戦。 どんな挑戦にも緊張や不安を伴うが、その先にあるワクワクしたビジョンへ向かう為にはやはり挑戦が必要です。 小さくてもいいので新しい挑戦をし続けよう。

失敗を学びにしていこう

自分から逃げて何も行動しないことよりリスクを負い行動した方が遥かに良い。 もし仮に失敗したとしても次に活かす事が出来ればそれは失敗ではなく課題の見える化につながります。 その学びを次に活かし再度行動すれば失敗ではなくなります。

大きな志を持った仲間と語り合い笑い合える絆を創ろう

仲間と共にビジョンへ向かっている最中、嬉しいことや楽しい事ももちろんあるが、苦しかったり悔しかったり情けなかったり辛かったりする事もある。 しかしそんな数々の出来事を仲間と共に歩むからこそ、その経験が尊いと感じられ絆になっていきます。

全ての繋がりに感謝しよう

過去に自分と関わってくれた人、今自分と関わってくれている人、そして将来自分と関わってくれる人がいるはずです。 そんな沢山の出会いがあって今の自分がいる。 全ての人との「つながり」を大事にしよう。

自分の弱さをオープンしよう

入り込まれないように二重三重の壁を造り、強がったプライドを守ろうと握った拳をひらかない。そんな苦しい状態ではなく、相手を信じ自分の弱さを知ってもらう事で初めて仲間と本当の信頼関係を築く事が出来ます。 本当の強い人は自分の弱さをオープンに出来る人です。

手段に拘らず今までになかったモノやコトを創り出そう

目的を忘れなければ手段には拘らなくても良い。 今まで無かったモノやコトを新しく創りだし常に変化しながら目的へ向かっていこう。 自分のやり方に固執するのではなく周りの意見を取り入れ柔軟に変えていく事が大事です。

身近な人の役に立とう

まず自分の身近な人を大事にしよう。 近くの人の役に立つことで結果的にその輪が広がりきっと遠くの人も笑顔になるはずです。 私達は世界中の笑顔を創造したいと本気で思っているからこそ近くの人を大事にします。

仕事を楽しみ充実感を味わおう

仕事は与えられるのもではなく自ら創りだすものです。 つまり自分から誰かの役に立とうと想い決めて行動する事です。 もちろん行動には責任が伴いますが、その責任が結果的に充実感へと変わり仕事を楽しむ事ができます。

Home 採用情報 コアバリュー